ファミ通が発表した、2019年9月2日~2019年9月8日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

 『モンスターハンター:ワールド』(以下、MHW)の超大型拡張コンテンツ『MHW:アイスボーン マスターエディション』が堂々の1位。今回の『MHW:アイスボーン』は商品ラインアップが多いが、なかでも『MHW』と『MHW:アイスボーン』がセットになった“マスターエディション”が20万本超えのスタートとなった。

 また、2位の『MHW:アイスボーン』だが、こちらは店頭でのダウンロードコード購入ぶんなどの数字によるもの。そのため、直接PS Storeでダウンロードしたユーザーの数は含まれておらず、今回発表された本数以上のプレイヤーが楽しんでいるものと思われる。

 新作では、NBAプレイヤーとなった八村塁選手が日本公式アンバサダーに起用された『NBA 2K20』が4位に入っている。

 ハードは、8月30日にバッテリー持続時間が延びた新モデルが発売されたNintendo Switchが、今週も77392台と好調。一方、プレイステーション4とプレイステーション4 Proも、『MHW:アイスボーン』の発売を受け、前週より約3倍増と好調な週販を記録している。

ソフト推定販売本数TOP10

1位(初登場) PS4 モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション
20万6156本/カプコン/2019年9月6日発売

2位(初登場) PS4 モンスターハンターワールド:アイスボーン
44160本/カプコン/2019年9月6日発売

3位(先週3位) Switch スーパーマリオメーカー2
18296本(累計:60万297本)/任天堂/2019年6月28日発売

4位(初登場) PS4 NBA 2K20
13461本/2K/2019年9月6日発売

5位(先週4位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
10611本(累計:324万3816本)/任天堂/2018年12月7日発売

6位(先週2位) Switch ASTRAL CHAIN(アストラルチェイン)
9129本(累計:41365本)/任天堂/2019年8月30日発売

7位(先週6位) Switch 釣りスピリッツ Nintendo Switchバージョン
9018本(累計:15万3154本)/バンダイナムコエンターテインメント/2019年7月25日発売

8位(先週5位) Switch マリオカート8 デラックス
8850本(累計:244万455本)/任天堂/2017年4月28日発売

9位(先週7位) Switch Minecraft
8221本(累計:91万5471本)/日本マイクロソフト/2018年6月21日発売

10位(先週8位) Switch ファイアーエムブレム 風花雪月
6255本(累計:23万5352本)/任天堂/2019年7月26日発売

※11位より下の数値は、ゲーム販売本数ランキングページにて2019年8月29日(木)以降に公開予定です。

ハード推定販売台数

Nintendo Switch/77392台(累計:892万322台)
プレイステーション4/20667台(累計:708万6495台)
プレイステーション4 Pro/13061台(累計:126万555台)
Xbox One X/36台(累計:16487台)
Xbox One S/29台(累計:90899台)

Newニンテンドー2DS LL(ニンテンドー2DS含む)/1357台(累計:166万480台)
Newニンテンドー3DS LL/161台(累計:588万3887台)
プレイステーション Vita/34台(累計:586万2486台)

※ゲームソフト&ハードとともに、集計期間は2019年9月2日~2019年9月8日。