さて、9月も終わろうとしておりますね。

少しずつ過ごしやすくなってくるこの季節。
紅蓮祭や新生祭も終わり、そろそろ「守護天節」の告知が流れてくる時期ですね。

「守護天節」は、リアル世界で言うハロウィンを模したようなイベント。

毎年おもしろいクエストが配信され、街も守護天節の飾りつけが行われるわけですが・・・。

今年の守護天節は・・・ひょっとして・・・。という僕のどうでもいい期待を、今までの守護天節を振り返りながら書いていこ言うと思いますw



守護天節の話をする時、毎年言っているのが、2014年の守護天節の話w

2014年の守護天節では、イベントNPCに話しかける事で、NPCに変装する事ができたんですよね。

これがほんと楽しくてw すごいのは、変装できるだけでなくて、ちゃんとエモートにも対応しているのが素晴らしいんですよ!

なので、ナナモ様になっていろんな演技をして遊んだり、SSを撮ったりして楽しめたというスーパー超神シーズナルイベントだった。

残念だったのは、この頃まだグループポーズが無かったので、いいSSは撮れなかったんですよね。

FFXIVのシーズナルイベントは毎年違うものが配信されるので、NPCに変身して遊べたのはこと期間中だけでした。

その後、同じような変身イベントは行われず・・・。

4年の月日が流れた2018年秋!



あの変身イベントがひっそりと帰ってきた!

守護天節のメインのクエストを終えたあと、イベントNPCに話しかける事で希望のNPCに変身できるイベントがおまけでついてたんですよね。

しかも・・・



2014年の時に変身できたNPCに加え、紅蓮に登場したキャラにもなれるという進化ぶりも発揮。

すごい!これは楽しいとグループポーズを起動したのですが・・・

姿が変わっている時は、グループポーズがつかえない仕様だったので、友達に変身してもらって撮ったり、友達に頼んで自キャラと2ショットSSを撮ったりしてました。



最近のシーズナルイベントの傾向からすると、
軸は昨年のイベントのままでスケールを大きくして配信される事が多い。



・・・・・。



・・・・・と、いうことはですよ!?

あるんじゃないのっ!?ワンチャンあるんじゃないのっ!?

今年も、昨年の守護天節を軸にして拡張されたイベントになるならば!

変身できるNPCに漆黒のキャラも追加されちゃったりするんじゃないの!?

しかも、ちょっと前のアップデートで、変身中もグループポーズ使えるようになったし!

それってつまり・・・!

漆黒のキャラになって自由にエモートで演技しながらグループポーズでSSが撮れちゃうというゴッドシーズナルイベントになっちゃう可能性あるんじゃないのっ!?


これは期待が高まりますな!!



完全に僕の妄想ですからねw そうならなくても怒らないでくださいねw

言うてもまだ漆黒が出て数か月ですからねー。紅蓮のキャラが追加されたのは紅蓮実装翌年の守護天節でしたし。

とりあえず僕は、フォーギヴン・オブセニティーになりたい。



あと毎年、守護天節前後で個人的に「ハロウィン幻想」として幻想薬を使って違う見た目になって遊んでるんですが、今年は何にしようかな?



今年は流行に乗って、罪食い化して遊ぶのも楽しそうですね!

ハロウィンっぽい!

とりあえず今、幻想薬がセール中なので、往復分買っておきましたw

セールは、9/30までなので幻想薬使う方は早めに買っておくといいかもですよ!

というわけで、5.1も楽しみですが、今年の守護天節も楽しみだw


つづく。