1994年9月2日に発売されたスーパーファミコン用RPG『ライブ・ア・ライブ』。

 RPGの雄・スクウェア(現・スクウェア・エニックス)から発売され、個性的なシステム、胸を打つシナリオでいまなお根強い人気を誇る作品だ。

 2019年8月31日、東京・新宿ReNYにて発売25周年を記念したライブ“LIVE A LIVE A LIVE 2019 新宿編 ~25th Anniversary~”が開催された。コンポーザーの下村陽子氏作曲による本作のBGMを、ライブアレンジで演奏しまくった本イベントをリポートする。

※『ライブ・ア・ライブ』についてはこちらの振り返り記事をチェック!

初の昼夜2公演は完売! 開場前には長蛇の列

 『ライブ・ア・ライブ』のコンサートは、20周年の2014年や、2018年には~鶯谷編~が行われていたが、昼夜で2公演を行うのは今回が初めて。

 それでもチケットは当日分を含めて完売! 開場前から、来場者による入場列が形成されていた。

 会場に入ると、『7SEEDS』の作者でありSF編のキャラクターデザインを手掛けたマンガ家・田村由美さんからの祝花が。ちなみこの日、夜公演は田村先生ご本人も鑑賞されていたらしい(登壇などはせず)。

 ライブ限定グッズ販売も行われており、ライブTやライブタオル、『ライブ・ア・ライブ』のミニクリアファイルなどが並んでいた。ちなみに、サイン入りのサウンドトラックは即完売!

 オールスタンディングの会場はご覧の通り熱気満点のお客さんでびっしり埋め尽くされた。

 演奏を担当するのは、ゲームミュージックを中心に活動するミュージシャン軍団“LaiD Back Gorilla” 。

 ライブ開始直前には、『ライブ・ア・ライブ』の生みの親であるスクウェア・エニックスの時田貴司氏によるコール&レスポンスが行われた。

訓練されたファンによるコール・アンド・レスポンス

時田氏「あの世で俺にーっ」(コール)

観客「「「わび続けろーッ!」」」(レスポンス)

時田氏「あの世で俺にーっ」(コール)

観客「「「わび続けろーーーッッッ!」」」(レスポンス)

時田氏「なぁ……そうだろッッ」''(変化球)

観客「「「松ッッッ!」」」(レスポンス)

 一糸乱れぬコール&レスポンスに、ファンの熱意を感じて思わず胸が熱くなる。ちなみに、「昼公演に来ていた人で、夜公演にも来た人は?」という質問に、会場から多くの手が上がり、訓練されていた感にも納得(笑)。2公演とも参加された方はお疲れさまでした……。

 また、LaiD Back GorillaのベースAKIRAさんは「今日は全員液体人間になるまで、ジャブジャブになるまで盛り上ろう!」と、観客を煽る。けるけるぴー。

 演奏はツインギター、ベース、ドラム、ツインキーボードのほか、曲によってはサックスやバイオリンも使いながら進行。

 どの曲もライブのためのバンドアレンジがなされており、もともとノリのいい『ライブ・ア・ライブ』のBGMが、見事ライブ曲に仕上がっている。本作のBGMはどれもライブ映えするというか、バンド編成での演奏がピッタリ合う(タイトルにも“ライブ”って2回も入ってるし!)。

 曲は『SELECT・A・LIVE』、『LIVE・A・LIVE』から始まり、現代編の『最強 -VICTORY ROAD-』、『猛者達…』へと続く(セットリストは記事最後にまとめて掲載します)。

 さらにSF編の『CAPTAIN SQUARE』や『星屑のキャプテン』、近未来編の『PSYCHOで夜露死苦!!』などを経て、ゲストが登場。

 なんと、2018年“口笛世界大会”で優勝したWorld Whistling Convention Championの口笛奏者YOKOさんが登場。彼女はもともと『ライブ・ア・ライブ』の大ファンだったそうで、Twitterで「好きだ」とつぶやいていたら、ライブへの出演が決まったそうで「なんでも言ってみるものだ」と思ったのだとか(笑)。

口笛奏者のYOKOさん。情感豊かなその口笛には哀愁が漂う……。

 そんなYOKOさんが奏でるのは、口笛サウンドが印象的に使われている西部編のBGM『WANDERER』と『The Wilds』。もともとかっこいい曲だけど、生の口笛(しかも世界位大会優勝者による演奏)で聴くと、滅茶苦茶かっこいい!! 

 思わずまぶたにサンダウン・キッドの姿とマッド・ドッグの姿が浮かび、確かに西部の乾いた風とバーボンの薫りを感じた(比喩的表現)。

 ライブはちょうど折返しといったあたり。ここでゲストMCとトークショーが始まり、スクウェア・エニックスの時田貴司氏、作曲家の下村陽子氏、芸人ペンギンズのノブオさん、現代編のキャラクターデザインを手掛けたマンガ家の皆川亮二氏、功夫編のキャラクターデザインを手掛けたマンガ家の藤原芳秀氏がステージに登場。

『ライブ・ア・ライブ』の曲を作曲した下村陽子氏。口笛奏者のYOKO氏と同じ“ヨウコ”ということで、時田氏から「YOKOさんは光のヨウコ、下村さんは闇のヨウコ」と命名(笑)。下村氏が「誰が闇じゃ」と返すと、ノブオさんが横から「いま芸人の前で“闇”とか言うんじゃない!」とつっこむ愉快なひと幕も。

 壇上では、その場で皆川、藤原両先生が現代編と功夫編のキャラクターのイラストを描く“ライブドローイング”が行われた。

スイスイ描かれていくキャラクターたち。控えめに言って神。レイ、美しい……。
ライブドローイングが行われているあいだ、ゲストによるMCが進行。ノブオさんは『ライブ・ア・ライブ』好きの証拠として(?)当時使っていた攻略本を持参。

 さらに、ライブ・ア・ライブモノマネとして、功夫編のレイ・クウゴがレベルアップしたときの「ハイーッ!(高音)」の声真似や、セントアリシアの悲鳴(高音)を披露。

 さらに、「その体勢でどうやって戦うんだという義破門団の団員」モノマネを見せた。

(どうやって戦うんだという義破門団団員)

島本和彦氏もビデオで緊急参戦!

 さらに、時田氏から、「北海道在住で、本当は今日も都合が付けばなんとか来たいとおっしゃってくれていた島本和彦さんなのですが、どうしても仕事が終わらずということで……」と、近未来編のキャラクターデザインを手掛けたマンガ家・島本和彦氏が来られなかったと告白。しかし、本人がビデオメッセージを送ってくれたとのことで、そちらを披露した。

 なんと、『Go! Go! ブリキ大王』の歌詞(島本氏が作詞した2番)を高らかに歌いながら、“近未来編”のキャラクターを描くという、遠隔ライブドローイングビデオとなっていた。島本先生自らiPhoneで撮影したという動画は、上のTwitter動画でぜひご確認いただきたい。

 ……と、そうこうしているあいだに、皆川、藤原両先生のイラスト色紙も完成!

皆川先生直筆の現代編イラスト。あれ……日勝がイケメンに……?
藤原先生の功夫編イラスト。弟子を見つめる老師のやさしい眼差しが印象的だ。
昼公演のライブドローイング色紙。
夜公演のライブドローイング色紙。

 なお、ライブドローイング中、時田氏から当時の思い出などを聞かれた皆川先生は「ナム・キャットはもう少し強くなるかと思っていた」とコメント。YOKOさんから「ユンが好きです」と言われた藤原先生は、「ユンは弱っちく描きました(笑)」と返し、時田氏が「大器晩成ですからね」とフォローする場面も(笑)。

ライブは後半戦に! アンコールはもちろん……

 そしてライブは後半戦に突入。『密命』や『殺陣!』など幕末編、『在中国的戦闘』、『鳥児在天空飛翔 魚児在河里遊泳』など功夫編の曲を経て、『届かぬ翼』、『魔王山を往く』と中世編の名曲に。

 最後は『MEGALOMANIA』と『live for live』でクライマックスを迎え、会場の熱気は最高潮に達した! いやぁ、生音で聴く『MEGALOMANIA』最高ですね……。

 メンバー退場後も鳴り止まない拍手に、時田氏がボーカルマイクとともに再入場!

 すべてのメンバーが再び登壇したアンコールでは、観客も交えて『Go! Go! ブリキ大王』の大合唱となった。

歌って踊れるプロデューサー時田貴司氏。
光のYOKOさんもソンボレロとともに再登場。

 終演後には、出演者と観客含めて記念撮影をして終幕となった。

 時田氏の「来年も、俺にわび続けたいかーっ!」という呼びかけに、観客たちが「「「おおーっ」」」と応えていたように、来年、また、30周年の機会にもこういったイベントが開かれることを期待したい!

“LIVE A LIVE A LIVE 2019 新宿編 ~25th Anniversary~”セットリスト

  • 『SELECT・A・LIVE』
  • 『LIVE・A・LIVE』
  • 『最強 -VICTORY ROAD-』
  • 『猛者達…』
  • Versus!』(ジングル的なワンフレーズ)
  • Knock You Down
  • 『CAPTAIN SQUARE』
  • Unseen Syndrome
  • 『星屑のキャプテン』
  • Wait for Truth
  • 『PSYCHOで夜露死苦!!』
  • いいお天気でしょ!
  • Kiss of Jealousy
  • 『WANDERER』(口笛)
  • 『The Wilds』(口笛)
  • 『MEGALOMANIA』(口笛)
  • 『密命』
  • 忍音
  • 『殺陣!』
  • 『在中国的戦闘』
  • 『鳥児在天空飛翔 魚児在河里遊泳』
  • 凛然なる戦い
  • 『届かぬ翼』
  • 『魔王山を往く』
  • Illusion…
  • Pure Odio
  • 『MEGALOMANIA』
  • 『live for live』
  • アンコール『GO! GO! ブリキ大王