今回は「HGマックナイフ(マスク専用機)」のガンプラレビューです。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

ガンダム Gのレコンギスタに登場し、マスクが搭乗するマックナイフ(マスク専用機)をご紹介。

2015年発売。

長距離用ブースターは着脱可能で、簡易スタンドとアクションベース用の専用ジョイントパーツが付属します。

という事で、HGマックナイフ(マスク専用機)をレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG マックナイフ(マスク専用機)

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

マックナイフのボックスアート。背景にはバララ機と量産機も描かれています(*´ェ`*)

機体設定的には、キャピタル・アーミィがエルフ・ブルックをベースに宇宙戦闘用に開発したモビルスーツになります。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

組み立て書にはマスクが記載。

今回のマックナイフは「マスク専用機」となっており、赤・白を基調としたカラーリングになっているほか「頭部のセンサーアイがツインアイ」化されている指揮官用の造形で立体化されています。

量産機は頭部の一部パーツが異なるため、本キットで再現できるのはマスク専用機かバララ機(要塗装)になります。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

頭部センサーまわりや胸部、腕などに貼る細かなものが付属します。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

手持ち武器は持っていないため付属品は↑で全部です(*´ェ`*)

※「マックナイフ本体」「簡易スタンド」「スタンド用ジョイントパーツ2種」

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

まずは大きさから。HG G-セルフと比べた場合、細身で小柄なコンパクトサイズです。

ただポリキャップレス仕様ではなく、胴体内部にポリキャップを詰め込む構造です。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

全身をぐるりと見ていきます!

パーツ数は少ないですが色分けは良好で、基本的な部分はパーツ分割により色分けされています。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

このプロポーション、劇中再現度が高過ぎませんかね……?(*´ェ`*;)

ただ、合わせ目の量は結構多いです。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

後ろから。スタンドはバックパックのほか、股下にも対応しています。※このあたりは後述

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。額中央の赤い部分に合わせ目が出ます。

左右の小さいグリーン部はシールで色を補います。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

頭部の中身は前後はめ込み式で、トサカ側面に合わせ目が出ます。

頭頂部はトサカ以外はモールド扱いでOKです。(設定画で確認)

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

超アップで。ツインセンサーはシールで補いますが、モールドは刻まれていません。

額・フェイスマスク・くまどりと、小型キットながら細かく色分けされているのが素晴らしいぞ!(>ω<;)

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

胸部は一部シールで色を補います。こちらはモールドが彫られています。

胴体とお腹は前後はめ込み式で、側面一直線に合わせ目が出ます。

※今回一部合わせ目を消している部分もありますが、画像で全て解説していきます

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

バラしてみた図。胴体内部にはポリキャップを所狭しと詰め込みます。

ポリキャップレスでないという事もあり、接続強度が強く安定して動かす事ができます。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

上から見た図。首周辺に合わせ目が出ますが、頭部を取り付けたらほとんど見えなくなります。

※接着したもののこのままフィニッシュさせましたw

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

長距離用ブースターは着脱可能です。

「バックパックを覆うようにはめ込む」だけのシンプルな取り付け方式ですが、ガッチリと装着できます。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

ブースターはモナカ構造で、側面に合わせ目が出ます。

上下に大きく動きます。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

噴射口は内部が別パーツにて色分けされています。

小さなガンプラなのに中々凝った作りをしていますね。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

腕の可動範囲はかなり広いです。

肩が球体になっているため、いろんな方向に動きます。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

ただ、腕は一直線に合わせ目が出ます。

細かな事を言えば肘関節あたりはグレーで要塗装となります。(あまり見えないけど)

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

肘関節は90度弱曲がります。

デザイン上そこまで曲がりませんが、他の可動範囲が広すぎるためマックナイフとしてのポーズ付けには困りませんでした。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

ちなみに指部分などは色分けされておらず、要塗装になります。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

手首はスナップします。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

脚基部の赤いパーツは、ここだけのために別色にて色分けされています。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

股間部のカバーは開閉可能で、中にはフォトン・ボムを収納。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

特徴的な脚部は前後ほぼ一直線に合わせ目が出ます。

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です

肩同様、脚の付け根も球体になっていて脚の可動域がめちゃめちゃ広いです(*´ェ`*)

HGマックナイフ(マスク専用機)のガンプラレビュー画像です