今回は「HGBFトランジェントガンダムグレイシャー」のガンプラレビューです。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドファイターズ炎トライに登場し、アネガオオジ・リンジーが使用するトランジェントガンダムグレイシャーをご紹介。

2016年発売。

ベースキットにHGBFトランジェントガンダムを使用し、成形色の変更のほか外装や武器・翼にクリアパープルの新規造形パーツが付属する内容となっています。

という事で、HGBFトランジェントガンダムグレイシャーをトランジェントガンダムとの違い・比較画像を含めレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGBF トランジェントガンダムグレイシャー

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

キジマ・ウィルフリッドのトランジェントガンダムをアネガオオジ・リンジーが独自に改良したガンプラ、それがトランジェントガンダムグレイシャーになります。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

という事で、ファイターはキジマを勝手にライバル視しているガンプラ学園の二年生「アネガオオジ・リンジー」さんが記載。

全員が青いガンプラを使用するチーム「ラピスラズリ」のガンプラファイターです(*´ェ`*)

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少ないです。ツインアイやトサカのセンサー、額・お腹を補うものが付属します。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ランナーレススタンド(クリアブラック)」「GNパルチザンII×2」「GNパルチザンII用の専用手首パーツ×2」「握り手×2」「HGBFトランジェントガンダムの余剰パーツ」

「左の平手パーツ」が余剰パーツになりますが、ベースキットのトランジェントガンダムのように甲パーツは付属しませんでした。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGBFトランジェントガンダムグレイシャーがこちら。

成形色が変更された他、各部外装やクリアパーツが新規造形になります。

大きなランナー2枚が新規で付属するため、リデコキットながら結構イメージが変わる内容となっています。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

暗めのパープルを基調としたカラーリングがかっこいいです……!(>ω<;)

通常のトランジェントにはなかった翼がかっこいいですね。まさに外伝系ならではの派手な見た目になっています。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見てきます!

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

可動域はトランジェントとほぼ同じで、手足は大きく広がります。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

各関節は90度以上曲がり、膝立ち可能です。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

上半身は回転しますが、背部のパーツが干渉するのでどかしながらまわす必要ありです。

リアアーマーがぶつかってポロリする事が多々ありました。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

頭部はフェイスマスク周辺とアンテナが新規造形です。

額(紺色)は色分けされていないため、シールで補います。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

顔の側面にはクリアパーツが使用されています。

後頭部に一部合わせ目あり。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

胴体もほとんど新規造形で、突き出たクリアパープルのパーツがグレイシャーの特徴となります。

胴体は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

上から見た図。肩はボールジョイント接続で、前後にある程度可動します。

肩・胴体の上に合わせ目が出ます。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーも新規造形です。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

前腕部も新規造形。……新規部分多くていい感じだぞ……!(>ω<;)

合わせ目は肩・肩内部ブロック・前腕部にちょこちょこ出ますが、そこまで目立たないような配置にはなっています。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

肘は二重関節構造で、180度近く曲がります。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

両腕に装着されたシールドのようなクリアパーツも新規造形です。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

基本構造はトランジェントと同じで、上半身とお腹はボールジョイント接続で柔軟に可動します。

細かな事をいえば↑中央の青い腰パーツは設定画では紫色なので、原作再現派モデラーさんは要塗装です。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

フロントアーマーにもクリアパーツ。ここのフロントアーマーと

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

リアアーマーのパーツはポロリしやすいです。ここは接着した方がいいかもしれません。

腰を捻った時に翼パーツと干渉し、ポロリする事が多い感じです。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

脚部は膝まわりが新規造形です。

関節パーツに合わせ目は出ませんが、アンクルガードの奥まったところにちょっとだけ合わせ目ありです。ただほとんど目立ちません。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。ふくらはぎには普通に合わせ目が出ます。

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

つま先とカカトパーツは開閉し、

HGBFトランジェントガンダムグレイシャーのガンプラレビュー画像です

接地させる事ができます。ただ、「基本的に浮遊状態のMS」という事で接地状態でのポーズ付けは苦手です。