サブキャラで1日1時間メインストーリーを進めていく「1日1時間の旅」。

結構この記事を書くのが楽しみになってきた、1日1時間の旅。先週は闇の戦士との戦いもひと段落。
蒼天のイシュガルド編も終わりに近づき、いよいよ紅蓮の旅が始まるわけですね。
うーんたのしみ!

それでは6週目の旅。

今週の旅を絵日記風に振り返って行きます。 ともに懐かしんでいきましょう。




9月22日 バエサル長城の戦い!さらばパパリモ! Lv60。

オケコンの日の朝にやったんですよね・・・ここ。アラミゴ解放軍謎の指導者、鉄仮面がバエサル長城に攻め入ろうとしている。そんな事したら、帝国が勢いづいてグリダニアまで進行してくるかもしれない!という所までが先週のお話。これを阻止すべく東部森林に向かったわけですが・・・鉄仮面はあろうことか、各国のグランドカンパニーの制服を着て長城に攻め入った。わっるい事するなあ。でも、同盟軍にずーっと後回しにされてきたアラミゴ奪還。各国GCが無視できない状況を作ろうと必死なんですね、鉄仮面さんも。という流れで、バエサル長城のIDが始まり、最後のボス鉄仮面の正体イルベルドを倒し、クリア。

しかし、イルベルドの真の目的はそんな事ではなく、長城制圧目前のアラミゴ解放軍を自らの手で全滅させ、絶望のどんぞこに落とし込み、自らの命を絶ち己の絶望もそこに加えて、アシエンからもらった竜の目の力を使って新たなバハムートクラスの蛮神を創造するというとんでもない企てだった。すごい・・・すごい執念。デビルマンのサバト的なやつですよねー。
というか、ぶっつけ本番なわけでしょ!?蛮神が生まれないかもしれないわけでw

ただ生まれちゃうんですよねー、新たな蛮神が!! のちに神龍と呼ばれる巨大なドラゴンが召喚される。

しかし、パパリモが師であったルイゾワの名杖トゥプシマティを使って封印する。ルイゾワ同様に自らの命を犠牲にして・・・。

「イダ!お前には、お前にしかできない役目があるはずだろ!それをやり遂げるんだ!」

その場に残ろうとする相棒にのイダにはなったこの言葉が、紅蓮のリベレーターへと繋がっていく。

そしてパパリモは師と同じ笑みを浮かべ・・・・


浮かべ・・・・浮かべ・・・・  どうなったんだ!?

そう言えばこの後、パパリモのその後が描かれて無いような。
FFXIVにおいて「墓」もしくは「霊体」が登場しない場合、生きている可能性が極めて高い。
暁の皆さんも、ヤシュトラとかミンフィリアは必死で探したのに、パパリモに対して冷たすぎない!?



9月23日 目には目を!神龍にはオメガを! Lv60。

生まれた蛮神はパパリモの尊い犠牲(?)をもって一時的に封印された。ここでネロが登場して、オメガ使ってやっつけようぜ、ガーロンドォという流れに。なんとなく雰囲気で起動できてしまった超兵器オメガ。早速巨大蛮神を感知して迎撃に出る。
バエサル長城の上空で繰り広げられる、大空中戦!ゴジラ対スーパーXみたいな感じで怪獣の超パワーVS近代兵器みたいでかっこいいんですよねー!ここ!

結果、巨大蛮神とオメガは相打ちになり、双方ともアラミゴ方面へと消えていった・・・。



9月24日 イダの告白!アタシの本当の名前は「リセ」。 Lv60。

パパリモの死により、イダの首にあった賢人の紋章が消え、自分が賢人イダの妹「リセ」であるという真実を暁メンバーに告白する。その衝撃の真実に、暁メンバー達は言う・・・・「知ってた」。

作戦の前に仲間に加わったのが、サムライ大将のゴウセツ。
ドマの国が大変との事で、ユウギリを連れて帰って行った。

これにて、竜詩戦争・戦後編は終了。

戦後編は約7時間。

蒼天のイシュガルド本編・・・19時間。
竜詩戦闘・完結編・・・8時間。
竜詩戦争・戦後編・・・7時間。

というわけで、蒼天のイシュガルドのメインストーリーは、カットシーン、エンディングを飛ばさず、シャキ待ち、ID合わせて34時間でクリアですね。

ただこれはあくまで、メインストーリーのみのお話w
途中でかかるレベルロックを突破するために、この時間外にメインクエストルーレットを計6回、レベリングルーレットを計2回やってます。なので、+6時間って所ですかね。

合わせて、40時間、なかなかのボリューム。






9月25日 新章突入!紅蓮のリベレーター Lv60。

いよいよ、拡張第三弾、紅蓮編スタート。わくわくしますねー。

なんじゃかんじゃあって、占領しちゃったバエサルの長城。せっかくだし本気出してアラミゴ取り戻してみっかというしたたかな展開に。我らが暁にも、現地の人達との仲介役をやってくれないかという依頼が舞い込む。リセはやる気満々なのでやってみる事に。ヤ・シュトラ、クルル、アリゼー、アルフィノ、リセと光の戦士でこの任務にあたる事になる。砂の家にはプロ留守番のウリエンジェと全裸戦士のサンクレッドが残る事に。ウリエンジェは留守番のプロフェッショナルだけど、暇になってくるととんでもないサプライズをしかけてくるので、サンクレッドが付いてくれていた方が安心ですよね。

一行はカストルム・オリエンスを抜けて、解放軍の拠点ラールガーズリーチを目指す。
ラールガーズリーチは、帝国の目を欺くために、街を岩でミラプリしてるっていうすごい街。そんな事できるんやねw

ラールガーズリーチで紹介されたのは、解放軍のリーダーコンラッド。
エオルゼア同盟軍のアラミゴ解放運動参戦を暁が仲介しますって申し出た。
「マ?じゃあみんなに言うから、ちょっと時間頂戴、その間この街見といてや」と言われて、ラールガーズリーチを散策。
しばらくしてコンラッドの元に戻ると、アラミゴ解放軍は一枚岩ではなく、人でも不足してる状況ですがよろしくですと伝えられた。
じゃあまあとりあえず、色々手伝いますよという事で、紅蓮初日の1時間は終了。



9月26日 アラミゴの今を知ろう!メッフリッド編 Lv61。

蒼天クリア後、少しずつ貰えていた経験値が溜まり、lvは61に!

とりあえず、ラールガーズリーチの解放軍を助けるために、メッフリッドとメ・ナーゴさんの仕事を手伝う事に。

メッフリッド編では、近くの村に解放軍に参加してくれる人員を探しに行こうという事になる。
しかし、村では鉄仮面の勧誘で多くの若者が帰らなくなり、邪険に扱われる。しかし村人の一人が納税に向かうもキキルンに誘拐されたとの報が!早速助けに向かい、助け出すも「俺!納税いかんと!」と行ってしまった。

後を追うと、帝国に属するアラミゴ人部隊「髑髏連隊」が現れた。
アラミゴは帝国に侵略されて、20年もたっているので、帝国に支配されている状況で育った人も多い。もう帝国でええやんという感情も根付きつつあるようだ。髑髏連隊はまさにそんな連中の部隊で、いつまでもおまえらが抵抗するから私らアラミゴ人って差別される!と怒りを覚えている。村人は髑髏連隊に捕まってリンチを受けていた。助けに入ろうとするも、助けに入ると彼の家族まで仕打ちを受けるから我慢する事に。 このリンチシーンがやけにリアル。

殺されはしなかったものの、税は奪われた。奪われたお金は納税されたのか、髑髏連隊の飲み食いに使われたのかはわかんない。やるせない気持ちで村に戻ると、その根性に惚れた少数の人達がアラミゴ解放に参加してくれるとの事。よかった。



9月27日 アラミゴの今を知ろう!メ・ナーゴ編 Lv61。

続いて、メ・ナーゴさんのクエスト。メ・ナーゴさん好き。紅蓮で一番好きw 
褐色で見た目ヤンキーなのに、ちゃんと敬語でまわりと接して真摯で真面目で頑張り屋さんだから好き。

そんなメ・ナーゴさんと一緒にクエスト、嬉しい。・・・が本人はラウバーンのファンみたい。
いかつい系男子が好みとかその辺はヤンキーなんですねw 
メ・ナーゴさんのクエストはコンラッドの返答をラウバーンに伝えに行くお仕事。
返答を伝えると、負けが込んでるからみんなのテンションがガタ落ちなんだという事で、「手っ取り早く帝国の新兵器を破壊して、エオルゼア同盟軍とアラミゴ解放軍コラボのすごさを知れば、みんなテンションがあがるのでは作戦」を実行する事になった。発案者はイケボララフェルのピピン君。やるじゃない。

ラウバーン本人も参戦し、帝国の新兵器の破壊に成功!

しかし、帝国の皇太子ゼノスがその事実を知り、髑髏連隊隊長フォルドラと共にラールガーズリーチに強襲をかけてきた。



初めて目の当たりにする、皇太子ゼノスの戦闘力!

阿鼻叫喚のラールガーズリーチ!旧時代より信頼と安心を誇ってきたヤ・シュトラバリアーまで破られる!!
これは死ぬ!誰か死ぬ!!とハラハラしながらムービーを見まもっていると、ゼノスと対決する事に!

いくら攻撃しても減らないゼノスのHP!一定時間耐え抜くと、カットシーンに入り、気が済んだのかゼノス様はお帰りに・・・。

ヤ・シュトラが傷を負うも、クルルさんの尽力で事なきを得た。メ・ナーゴさんも無事だ。メインキャラクター軍に死者はでなかったものの、ここはかなりハラハラしましたね。とはいえ、紅蓮のリベレーター開始後、イイ感じになってきた矢先の強襲なので、心理的ダメージはでかい。

大きなダメージを追ったアラミゴ解放軍。再起まで時間がかかるから、その間に暁はひんがしの国ドマへと渡り、帝国軍を翻弄しようという作戦になった。

ここまでは紅蓮のリベレーターのプロローグのようなもの!ここから始まる!紅蓮の旅!!



9月28日 めざせひんがし!越えろセイレーン! Lv62。

ひんがしの国ドマまでの陸路には帝国があるので、海を渡っていく事になり船を探す。
こういうストーリーの時、必ず協力してくれるのは海賊w 今回も海賊の力と船を借りて、ひんがしの国へと出発。

でもおいそれと航海が進むのかというとそうでもないのが、ファンタジーの定番。
だいたい、セイレーンか幽霊船、もしくは大きなタコが邪魔してくるんですよねw 今回はセイレーンでしたw

なにやら、船が謎の力に吸い寄せられてるらしい。その謎の力の源を倒すぞ!という事で、紅蓮の初IDである「漂流海域セイレーン海」に突入。

ここも範囲が気持ちいいIDですよねー。序盤は船の上でNPCと一緒に戦うのが楽しい。

シャキ待ちに20分を要したので、その間に蒼天エリアの風脈解放に勤しんだ。

問題なくクリア!いよいよ一行は、クガネへと上陸したという所で今週は終わり。



やっと紅蓮まで進められたー!紅蓮のリベレーター・・・・またここから1ヶ月くらい旅は続くんだろうなあw

蒼天は、アイメリクやエスティニアンといった男性キャラが頑張るお話でしたが、紅蓮はリセやヨツユといった女性キャラが目立つお話っていうイメージがある。アジムステップのシナリオもすっごい楽しみ!

踊り子のジョブクエも忘れず進めないとですね。


つづく。