スクウェア・エニックスブースは試遊だけじゃない!

 千葉・幕張で開催中の東京ゲームショウ2019(2019年9月12〜14日開催。12、13日はビジネスデー)。スクウェア・エニックスブースは『ファイナルファンタジーVII リメイク』(以下、『FFVII リメイク』)の試遊台コーナーに加え、さまざまなタイトルのフォトスポットを用意し、多くの来場者が楽しめる作りになっている。本記事では、東京ゲームショウ2019初日のスクウェア・エニックスブースの概要をお届けする。

・ファミ通.com“TGS 2019情報まとめ”特設サイト

 ブースの正面に設置されているのは、『FFVII リメイク』に登場するクラウドの巨大なバイク“ハーディ=デイトナ”。これは、来場者がバイクにまたがって、スタッフの方に自分のスマートフォンなどで撮影をしてもらえるというフォトスポット。これはE3 2019でも展示されていたが、それが日本へ上陸したものになる。

巨大なバイク“ハーディ=デイトナ”。
1/1スケールのバスターソードも。

 なお、今回のスクウェア・エニックスブースの目玉と言えば、この日本初出展となる『FFVII リメイク』の試遊台。ビジネスデーにも関わらず、イベント開幕と同時にスクウェア・エニックスブースにつぎつぎと人が集まり始め、開場20分で大行列。さすがの注目度だ。

試遊台のコーナーはミッドガルのイメージ。
開場20分でこの行列。その後も行列は途絶えず……。記者も並びたかった……。

 そのほか『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』、『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』、『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』の試遊台、『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』のヒーローコスチューム展示、『ファイナルファンタジーXIV』の体験コーナーなども。

『DQXI S』のフォトスポットでは、ヨッチ族といっしょには“勇者のつるぎ・改”を持って撮影。
『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』では、ラビ型の帽子がもらえるほか、ラビの顔が描かれたボールをすくうゲームも。
『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』コーナーでは、案内役のスタッフひとりを交えて試遊が可能。原画の展示も楽しめる。
ゲームキューブで遊んだ人には懐かしい『FFCC』の原画。
ミルラの雫がいっぱい入ったクリスタルケージの展示も。
『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』からは、アイアンマン、キャプテン・アメリカなどのコスチュームを展示。
『ファイナルファンタジーXIV』は、フォトスポットのほか、初めてプレイする人を案内するコーナーも。

 前述の通り、いずれのコーナーも写真撮影が楽しめる要素が用意されており、試遊だけでなく、見るだけでも楽しめそうだ。