2019年9月12日から15日の期間(12、13日はビジネスデイ)、千葉県・幕張メッセにて開催された“東京ゲームショウ2019”。

 9月15日、DMM GAMESブースでコーエーテクモゲームスブースから発売予定の新作RPG『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』のスペシャルステージ出張版が開催された。

・ファミ通.com 東京ゲームショウ2019特設サイト

PC版はゲーム配信プラットフォーム“DMM GAME PLAYER”を介して発売される。

 壇上にはDMM GAMESから榊原樹氏が、コーエーテクモゲームスから『ライザのアトリエ』プロデューサーの細井順三氏が登場した。

DMM GAMESの榊原樹氏。
『ライザのアトリエ』プロデューサーの細井順三氏。

 続いて、主人公ライザ(ライザリン・シュタウト)を演じる声優・のぐちゆりさん、開発のガストブランドチームから公認コスプレイヤーに認定された伊織もえさん、『アトリエ』シリーズに多くのキャラクターイラストを寄稿してきたイラストレーター・NOCO氏が登壇した。

ライザを演じる声優・のぐちゆりさん。ライザを演じるうえでは、見た目はかわいいけど奔放なところもあるライザが、男の子っぽくなりすぎないように気遣ったとのこと。
イラストレーターのNOCO氏。『ソフィーのアトリエ』、『フィリスのアトリエ』、『リディー&スールのアトリエ』に加え、2019年の最新作『ネルケのアトリエ』でも数多くのキャラクターを描いている。
コスプレイヤーの伊織もえさん。ライザに一目ぼれし、資料をかき集めてこだわりの衣装を製作したという。

 注目の的となったのは、やはり伊織もえさんのコスプレだった。伊織さんいわく、腰につけた瓶の中の液体や、ふともものむっちりとした感じに加え、服の細部や杖にもこだわった手作り衣装とのこと。

 とくにのぐちさんとNOCOさんは大興奮の模様だった。女性目線で見ても魅力的に映ったのだろう。

DMM版だけの特典とガスト作品の一挙販売を発表!

 壇上では『ライザのアトリエ』の紹介に加えて、『アトリエ』シリーズの解説が行なわれた。

 『ライザのアトリエ』で従来シリーズ作品から大きく変化したのは、ターン制からリアルタイム制に変化したバトルシステム。実際に体験したのぐちさんは「すごくテンポがいい!」と興奮気味だった。

 また。『アトリエ』シリーズ最大の魅力ではあるものの、難解な印象を抱かれがちな“調合”が大きく変化。新システム“リンケージ調合”は、ツリーの円形部分に素材を入れていけばオーケー。初心者も安心の直感的な操作で調合できる。

 コンシューマー版は9月26日発売で、DMM GAME PLAYER版は未定(現在調整中)。限定コスチュームが特典として付属し、発売前に予約すると10%オフになるセールも実施される。

 なお、DMM GAME PLAYER版の予約受付は2019年9月15日よりスタート

限定コスチュームのヒントはDMMの頭文字。デザインは追って公開されるとのこと。

 さらに発表は続く。『アトリエ』シリーズを手掛けてきた開発会社ガスト(現在はコーエーテクモゲームス内のブランド)の作品をDMM GAME PLAYERで一挙に販売するという。品ぞろえを見ると、懐かしの旧作だけでなく、2019年発売の最新作もラインアップされていた。

 また、月ごとの定額制でさまざまな名作ゲームが遊び放題になる“DMM GAMES 遊び放題”でも、ガストの『よるのないくに』シリーズの2作品がラインナップに加わることとなった。

コーエーテクモゲームスの『信長の野望』シリーズや『三国志』シリーズなどは、すでにDMM GAMES 遊び放題のラインナップに入っている。

DMM GAMES 遊び放題はこちら

細部までライザそのもの! コスプレ撮影会の模様をお届け

 話の途中で主人公・ライザのデザインに触れた流れで、こだわりのライザコスチュームを着た伊織もえさんの撮影会が行なわれた。

 撮影会の模様を何枚か撮影させていただいたので、ぜひその衣装や杖の再現度の高さ、そしてこだわりのふとももなど、細部に至るこだわりを感じ取っていただきたい。