イザナギゲームズは、2019年9月12日~9月15日(12日、13日はビジネスデイ)までの4日間、千葉・幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2019のKONAMIブースにて、2020年発売予定のプレイステーション4、PC用ソフト『冤罪執行遊戯ユルキル』をプレイアブル出展することを明らかにした。

 2019年9月13日には、KONAMIステージにてシューティングパート開発グレフの丸山氏による実演プレー解説も実施する。

・ファミ通.com“TGS2019情報まとめ”特設サイト

以下、リリースを引用

河本ほむら原作・シナリオのイザナギゲームズ新作【冤罪執行遊戯ユルキル】Tokyo Game Show 2019 KONAMIブースにてプレイアブル出展

イザナギゲームズが2020年発売予定の新作【冤罪執行遊戯ユルキル】をTokyo Game Show 2019KONAMIブースにてプレイアブル出展

 賭ケグルイ原作者・河本ほむらシナリオ・原作によるイザナギゲームズの新作【冤罪執行遊戯ユルキル】のシューティングパートをTok yo Game Show 2019 KONAMIブースにてプレイアブル出展

 9月13日金曜日12:30からのKONAMIステージではシューティングパート開発会社グレフの丸山氏による実演プレー解説も行われます。

 株式会社イザナギゲームズ(東京都中央区 プロデューサー兼CEO 梅田慎介)は2020年発売予定の新作ゲーム【冤罪執行遊戯ユルキル】をTokyo Game Show 2019 KONAMIブースにってプレーアブル出展いたします。

冤罪執行遊戯ユルキルとは

 河本ほむら(賭ケグルイの原作者)原作・シナリオ、清原紘(蒼き革命のヴァルキュリアキャラクターデザイン)キャラクターデザインによる脱出ADV&シューティングゲーム。BGMはモンスターハンターシリーズの作曲家小見山優子が担当。シューティングパート開発はシューティングゲームの老舗グレフ。

冤罪執行遊戯ユルキル公式Twitter

  • 原作・シナリオ:河本ほむら(賭ケグルイ原作者)
  • キャラクターデザイン:清原紘(蒼き革命のヴァルキュリアキャラクターデザイン)
  • BGM:小見山優子(モンスターハンターシリーズ作曲家)
  • シューティングパート開発:有限会社グレフ(まもるクンは呪われてしまった!etc...)
  • 配信日:2020年
  • パブリッシャー:IzanagiGames, Inc.
  • 対応プラットフォーム:PS4、PC
  • 価格:未定

KONAMIブースにてプレーアブル展示

 Tokyo Game Show 2019のKONAMIブースにて冤罪執行遊戯ユルキル、シューティングパートのプレーアブル展示を行います。

9月13日金曜日12:30からのKONAMIステージにてシューティングパート開発会社グレフの丸山氏による実演プレー解説

 シューティングパート開発会社グレフ代表の丸山氏がプレーアブル展示されている冤罪執行遊戯ユルキルのシューティングパートをプレーしながら解説いたします。

登壇予定

  • 梅田慎介(ディレクター兼プロデューサー)
  • 丸山博幸(シューティングパート開発会社グレフ代表)
  • 小見山優子(BGM担当)