アークシステムワークスは、『ギルティギア』シリーズ最新作『NEW GUILTY GEAR(仮)』の第2弾トレイラーを公開した。

 先日公開された第1弾映像に続き、今回の映像もソルとカイの戦いを映しだした内容となっている。そしてトレイラーの最後では、第一作から登場してきた「メイ」の参戦も明らかにされた。空賊「ジェリーフィッシュ快賊団」でありジャパニーズの生き残りである彼女は、イルカなどの海洋生物を召喚しながら戦うパワータイプのキャラクターだ。

 このほか最新映像では、9月27日から9月29日に米国で開催される大会「CEOTtaku」にてさらなるトレイラーが解禁されることが明らかにされている。]

(画像はYouTube 「New GUILTY GEAR Sol and Ky Trailer – TGS2019」より)
(画像はYouTube 「New GUILTY GEAR Sol and Ky Trailer – TGS2019」より)
(画像はYouTube 「New GUILTY GEAR Sol and Ky Trailer – TGS2019」より)

 また本日実施された東京ゲームショウの「セガゲームス・アトラス生放送!DAY2」におけるステージイベントでは、アークシステムワークスのゼネラルディレクター石渡太輔氏とディレクターの片野アキラ氏が登壇。

 同作がナンバリングを付けていないのは、完全新作として『ギルティギア』シリーズに触れたことがない人と従来のファン両方にプレイしてほしい意気込みがあるからだとコメント。また、「前作にあったものとかだいたいなかったことにして作り直している。僕ら苦しんでるんですよ(笑)」と語った。

 『NEW GUILTY GEAR(仮)』は2020年にリリース。「ARCREVO America 2019」にて最速となる試遊出展が予定されている。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn