ALICE IN DISSONANCEは、『fault - milestone one』のNintendo Switch版を2019年10月3日に発売する。Nintendo Switch版は、2018年に配信されたSteam向けのビジュアルアップデート版からさらに素材や演出面の強化が図られたバージョンとなっている。また、発売時期などは明らかにされていないが、プレイステーション4版の配信も予定しているようだ。

以下、リリースを引用

『fault - milestone one』Nintendo Switch版 10月3日発売!

製品概要

  • タイトル:fault - milestone one
  • 開発:ALICE IN DISSONANCE
  • リリース日:バージョン情報をご参照ください
  • 価格:希望価格 1,500円
  • ジャンル:シネマチックノベル
  • 体験版:PC版のみ
  • 対応OS:Windows, Mac, Linux
  • 略称:fault ms1
  • 特設サイト
  • ブランドサイト

配信プラットフォーム

バージョン情報

コンシューマー版

2019年10月3日リリース

 Nintendo Switch, PlayStation4(開発中)で配信するバージョンです。2018年のビジュアルアップデート版から更に素材、演出面の強化をしたバージョンになります。

  • メインキャラクターの立ち絵リメイク
  • 主題歌、オープニング動画のリメイク
  • 大部分のBGMをリスコア

Ver 2018

Ver 2019

ビジュアルアップデート版

2018年3月27日 リリース

 現行PC版として配信しているバージョンです。ディレクターズ・カット版からビジュアル面での大規模リメイクを実施。

 多数のイベントCGを追加し、3Dカメラでのパララックスアニメーションを実装。よりダイナミックで映画のようなシーンを演出しました。

【その他の改良点】

  • サブキャラクターの立ち絵リメイク
  • UIデザインをシリーズ最新のものから移植し、より使いやすく、見やすく改良
  • 言語の追加

ディレクターズ・カット版

2014年8月17日リリース

 Kickstarterでの支援を経て、オリジナル版から追加のイベントCG、英語翻訳の実装を行ったもの。Steamではこのバージョンから配信を開始。また、ファンによる翻訳の実装を開始。

オリジナル版

2013年8月12日リリース

 コミックマーケットでDVDパッケージ版を配信。言語は日本語のみを実装。

シリーズ情報

連作型で手軽に遊べるシリーズ

 「fault」シリーズは「少年漫画を少女達でやる青年漫画調の冒険譚」をコンセプトとした全年齢対象ビジュアルノベルアドベンチャーです。

 映画のようなテンポと演出で、主人公達が出会う人々とのヒューマンドラマを描く作品です。

 本シリーズは読み切り型の連作形式で、1作品1舞台で物語が展開していきます。中だるみのない質の高い作品づくりをしているため、1作品あたりのプレイ時間は4~6時間と短めで手軽にプレイすることができます。

 SF的ファンタジーの世界で描くリアルな人物描写、シネマチックなカメラワーク演出、わかりやすくも深みのある世界観などが高評価を得て、シリーズ累計48万本(2019年9月時点)を突破しました。

 何部作になるかはまだ決定していませんが、長いシリーズになる予定です。文化とキャラクターのドラマを軸にしたサイエンス・ファンタジーの世界で主人公リトナとセルフィーネが出会う人々とその物語をお楽しみください。

シネマチックな演出

 本シリーズは多数のカットイラストを使用した多彩なカメラワークが特徴です。

 3Dカメラ(パララックス)を使い、シネマチックに、そして迫力のある演出しています。

シリーズ詳細はこちら

作品詳細

 長い平和が続いた国“ルゼンハイド”は突然の襲撃により陥落。

 姫セルフィーネとそのガーディアンのリトナは逃げ延びたものの、なんと辿り着いた先は世界の裏側だった――

 本作は戸惑う二人に手をさしのべた謎の少女ルーンに焦点を当てたfaultシリーズ第1作目です。

 果たしてセルフィーネとリトナは故郷ルゼンハイドへと帰ることができるのか…?

プロモーション動画

オープニング動画

キャラクター一覧

メインキャラクター

セルフィーネ=ルゼンハイド

 元気いっぱい、育ち盛りだけれど芯はしっかりしているお姫様。

 「パスダウン」と呼ばれる王族のみが使えるクラフトによって、彼女には王族8世代分の経験と記憶が眠っている。

 正義感と好奇心が人一倍強く、一度興味を持つと前後の見境がなくなることも少なくない。

 臨機応変で一見しっかりしているように見えるが、まだまだリーダーとしては発展途上。

 セルフィーネのガーディアンであるリトナを実の姉のように慕っており、ちょっかいを出して怒られることもしばしば。美味しい食べ物が大好き。

リトナ=ラインヴァスタ

 バトルクラフターとして非凡な才能を持つセルフィーネ姫のガーディアン。

 10代という若さでその職に就いたが、突出した才能が災いし、気付かぬうちに他人を見下してしまうことも。

 人気者と呼ばれるにはほど遠く、友人も決して多くはない。

 論理的で冷静沈着。

 抜け目がないように見えるが、繊細な心も持ち合わせている。

 代々王族のガーディアンとして仕えてきた家系でもあり、セルフィーネ姫とは幼い頃から共に過ごしてきた。

 リトナがロイヤルガーディアンになった理由の1つは、セルフィーネからの絶対的な信頼も大きく影響している。

 戦闘では硝子で作った剣や防壁を駆使して戦う。

ゲストキャラクター

ルーン/サラ

 カディア市でセルフィーネとリトナに興味を持ち近づいてくる元気ハツラツな女の子。

 初対面では自らを「ルーン」と名乗るが、後に「サラ」と訂正してくる。

 リトナ曰く、そのハツラツな振る舞いとは裏腹に、全く生気や気配が感じられないという。

 言動にも多くの矛盾が見え隠れしており、不自然な振る舞いを繰り返す。

メラノ

 ルゼンハイドを襲撃した集団のリーダー格。

 おっとりした口調で話すのが特徴。

 仲間には慕われながらも恐れられているようだ。

マリエーシェル

 ルゼンハイドを襲撃した集団の一人。

 外見からは12~13歳の少女に見えるが、詳細は不明。

 口調は非常にゆっくりで、言葉を探すように話す。

 メラノのことを「姉様」と呼んでいるが実の姉妹であるかは定かではない。

 メラノ以外の3人のうち、唯一メラノを恐れていないように見えるが…

ココ

 ルゼンハイドを襲撃した集団の一人。

 襲撃した人物達の中でも特に幼い。

 襲撃の際は先陣を切って、一番乗りでルゼンハイド城のスカイテラスに乗り込んだ。

 言動からして自信過剰な素振りを見せる。

 子ども扱いされるのを嫌っているようだ。

シャンゼリン

 ルゼンハイドを襲撃した集団の一人。

 冷静沈着で斜に構えた性格をしており、横着者であることを隠さない。

 襲撃の際は援護役に回り、増援の到来を防いでいた。

 仲間からはシャンと呼ばれており、それなりに信頼されているようだが、なぜだかは不明。

ルド=ゼヴィッツ

 高圧的で威圧感のある青年。

 カディア市でとある大企業の重役を務めている。

アルバス=フォルスター

 物腰の柔らかい紳士的な男性。

 ルーンの秘密について何か握っているようだが…?

ハルツワン=グロウリーズ

 気さくで明るく、周囲の人望が厚いムードメーカー。

 カディア市のタバーンに入り浸っているが、少々お酒が進みすぎることも珍しくない。