話題の『P5R』を東京ゲームショウ2019で試遊!

 2019年9月12日から15日までの日程で、千葉・幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2019(一般公開日は14日、15日の二日間)。そのセガゲームス/アトラスブースにおいて、10月31日発売予定の話題作『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』(以下、『P5R』と略)がプレイできるということで、さっそくビジネスデー初日の12日に現場に突撃し、一足早く試遊させていただいた。さて、どんな体験ができたのか、最速レポートをお届けしよう!

・ファミ通.com”TGS 2019情報まとめ“特設サイト
幕張メッセ、中央エントランス表のゲート。事前登録制のビジネスデーで、しかも開場前の時間だというのにすでにけっこうな人が集まっている。
メイン会場となる第1~8ホールは、2階層分ぶち抜きの天井が高いフロア。セガゲームス/アトラスのブースがあるのは第6ホール。
大きなモニターに流れるPVが、ひときわ目立つアトラスブース。右端に見える巨大なオブジェのようなものは……?
こちらが試遊スペース。じつは行った時間が早すぎて出会えなかったのだが、着ぐるみモルガナと芳澤かすみコスのコンパニオンのお姉さんもお出迎えしてくれるらしい。

 じつはこの東京ゲームショウ2019より2週間ほど早い8月30日、東京ミッドタウンのクラブ&レストラン“Billboard LIVE TOKYO”において、“『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』完成披露プレミア”というイベントでも試遊台が設置され、“世界最速”での『P5R』が体験できた。そのときにプレイできたのは新しくなったメメントスだったが、今回プレイできるTGS2019バージョンでは、これまた初体験となる新モード“チャレンジバトル”が楽しめる。

 各試遊台には簡単な遊び方が書かれたカードが置いてあり、それによるとこのチャレンジバトルでは敵に与えたダメージがポイントとなり、出現する複数グループの敵を全滅させた時点でのポイントを、目標スコア以上にすることが目的なのだとか。規定ターン以内に倒したり、特定のスキルやキャラで倒すとボーナス点も手に入るため、ちょっと頭を使ったバトルになる模様。ダメージ=スコアになるということは、補助系スキルやバトンタッチによる攻撃力アップ効果などでダメージを増やしていくのも肝となる。

 ちょっと難しそうだが、なんせこちらは『ペルソナ5』をやり込んだといういう自負もある。案内のお姉さんの「プレイ経験者ですか?」という質問に自信満々でうなずくと、お姉さんは「じゃあハードでいいですね。ハードでやりましょう♪」と言いつつ、なんか画面のオニマークを1個増やした。ちょっと嫌な予感……。

 そして画面に登場したのは、ブラックウーズ、トート、デカラビアの3体。おっといきなりデカラビアかよ、テトラカーンが面倒だなと思いつつL1でアナライズすると……ちょっと待って、このブラックウーズ万能以外無効って聞いてない聞いてない、って言うか全体的に耐性がおかしい! と、少々動揺したせいか、うっかり全体攻撃使ってデカラビアに反射されたり、回復を忘れたりであえなく全滅……。さすがロイヤル、一筋縄ではいかなかった。

 ということで、列に並び直して今度はノーマル難易度に再挑戦することにしたので、あらためてこの“チャレンジバトルTGS2019Ver.”について説明しよう。まずプレイできるキャラクターは、ジョーカー、杏、祐介、モルガナで固定。ノーマル難易度の場合、登場する敵は以下の通りとなる。

1戦目
凶事まねく憑代(シキオウジ:核熱弱点/物理・銃撃・祝福・呪怨無効)
無頼の戦闘狂(ラクシャーサ:疾風・祝福弱点/物理・火炎・呪怨耐性/銃撃無効)
愛して憎む才女(リャナンシー:火炎弱点/疾風・念動耐性)

2戦目
墓碑を刻む怪鳥(アンズー:銃撃・核熱弱点/電撃耐性/疾風反射)
隠し金庫の双頭犬(オルトロス:氷結弱点/核熱耐性/火炎吸収)
旋風まとう悪漢(フウキ:電撃弱点/銃撃耐性/疾風吸収)

3戦目
復讐する落人(タケミナカタ:念動弱点/呪怨耐性/電撃反射)
洞穴のヘビ男(ナーガ:疾風弱点/銃撃耐性/電撃無効)
激水に遊ぶ怪童(スイキ:核熱弱点/銃撃・電撃耐性/氷結吸収)

 いずれもハードのときよりマシだが、やはり『ペルソナ5』で登場したときとは有効な属性が変化しているのでご用心。ここで注目したいのが、核熱や念動が弱点となる敵。前述のメンバーだと、ジョーカーが特定のペルソナを持っていないと弱点が突けないはずだが、じつは今作での追加要素で「特定のアクセサリーを装備すると、ペルソナにスキルが追加される」というものがあり、なんと杏が念動スキルを、祐介が核熱スキルを使用可能。そのあたりをちゃんと把握しておけば、ノーマル難易度クリアは難しくないはず。とくに今回の試遊版の場合、核熱スキルを使うとスコアにボーナスが付くので、積極的に祐介にバトンタッチして使わせていこう。

 ただし今回のチャレンジバトルの注意点として、敵を全部ダウンさせても総攻撃が発生しないというものがある。ていねいにそれぞれの敵の弱点を突き、バトンタッチで攻撃力をアップさせ、場合によっては「ンダ」系スキルで敵を弱体化させつつ戦おう。なおハードモードでプレイした際、最初に祐介が倒されてボロボロになってしまったのだが、じつは手持ちアイテムに「地返しの玉」があったことがのちに発覚。TGSで試遊する予定の方は、覚えておくといいだろう。

 そんなこんなで、ノーマル難易度のチャレンジバトルはなんなくクリア! めでたく打ち砕かれたプライドを取り戻し、ハード難易度の再挑戦はしないでブースを後にした。並んで待ってるお客さんが多いからね。けっしてハードでまた負けたら立ち直れないからとか、そういう理由ではないからね。14・15日の一般公開日に体験プレイをされる皆さんは、ぜひ歯ごたえのあるハード難易度を体験して楽しんでいただきたい!

これが実際の試遊台。ペルソナ未経験の人も、案内係の人がていねいに遊び方を教えてくれる。
心の準備ができたら、いよいよチャレンジバトルスタート! 慢心せずにまずはノーマルから挑戦するのを強くおススメしたい。
主人公はすでに複数のペルソナを所持した状態で、『P5R』で初登場となるペルソナ「ケットシー」も使える。ぜひ試してみよう。
チャレンジバトルの戦闘画面。一見、普通の戦闘画面と変わりがないようだが、画面上には目標スコアと現在のスコアが、また画面右上にはボーナスの条件が表示されている。
目標スコアに達すると、ジュスティーヌとカロリーヌからごほうびアイテムがプレゼントされる。果たして本番でもうまくいくか?

 今回のチャレンジバトルの試遊だが、あくまで戦闘のみを楽しめるというものなので、新キャラや新イベント、新パレスなどの情報はまだまだおあずけ。ただしバトルのみとはいえ、『ペルソナ5』でのプレイ感覚とは、また違った印象があったことをお伝えしておこう。具体的に説明すると、まずボタンやスティックを操作したときの画面のレスポンスが、さらに良くなっている印象。もともとストレスが少ないUIが特徴の本作だが、それがさらに改良されているようだ。

 また各ペルソナに追加された“特性”や、アクセサリーで追加できるスキルの効果が思っていた以上に快適で、バトルで強くなったような感覚が味わえる。主人公はもちろん、仲間となるキャラクターの使い勝手が、大きく向上する予感。

 おそらくこれらの印象は、発売を1ヶ月半後に控えた『P5R』製品版でも変わらないものと思われるので、2019年10月31日の発売日を楽しみに待っていよう!

ブースのコーナーには、巨大なアルセーヌのオブジェが! ほぼ実寸(?)大。
ゲームプレイについてていねいに教えてくれた、スタッフTシャツのお姉さん。
この日からソニーストア限定で販売が開始された、PS4とPS4 Proの『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』Limited Edition。すでに本体を持っている方も、トップカバーのみが購入可。