ラーミアを巡る奇跡の一戦!

 『ドラゴンクエスト』シリーズのキャラクターやモンスターたちがカードとなって戦う、スマートフォンとニンテンドースイッチ、PC(Yahoo!ゲーム)で配信中の対戦デジタルカードゲーム、『ドラゴンクエストライバルズ』(以下、『DQR』)。

 2019年9月12日(木)~15日(日)の期間(一般公開日は14日・15日)、千葉・幕張メッセにて開催された“東京ゲームショウ2019”。その最終日となる2019年9月15日、“e-Sports X(クロス)”ステージで、『DQR』の公式大会では初となる、賞金総額100万円と豪華副賞が贈呈される“マスターズカップ in TGS2019”が行われた。ここでは、きびしいオフライン予選を勝ち抜いてきた4名の選手たちの、アツい戦いをリポートしていこう。

公式大会“勇者杯”の決勝会場でおなじみのエンゼルスライムバルーンも。会場には、たくさんの観客が詰めかけた。
賞金総額は100万円! 優勝者には賞金50万円と、副賞としてニンテンドースイッチ版の『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』とゲーム内通貨1億ゴールド、2019年9月27日発売予定の『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』ゴージャス版と、ロトのマークが刻印された特別仕様のニンテンドースイッチ本体が同梱された“ドラゴンクエストXI ロトエディション”が贈呈されるという豪華っぷり!

 ステージにはMCの高野光平氏、実況の田口尚平氏、解説のちょもす氏が登壇。今回の大会のルール“マスターズルール”は、公式大会“勇者杯”のグランプリルールと異なり、これまで登場しているすべてのカードを使ってデッキを組み立てられるという内容。そのため、勇者杯とはまた違う試合が見られるはずと、観客の期待も高まる。

写真左から高野光平氏、田口尚平氏、ちょもす氏。

 続いて、オフライン予選を勝ち抜いてきたアリィナ選手(オフライン予選1位)、リデ選手(オフライン予選2位)、トシ選手(オフライン予選3位)、あ選手(オフライン予選4位)という、4名の選手が登壇。ステージ上で抽選カードを引き、それぞれの対戦相手が決定した。

写真左からアリィナ選手、リデ選手、トシ選手、あ選手。

 準決勝第1試合は、あ選手対トシ選手、準決勝第2試合はリデ選手対アリィナ選手に決定。決勝大会でのルールは以下となる。

  • 全試合2バトル先取で勝利
  • 3リーダー/デッキ公開制 BO3
  • 勝利リーダーは勝ち抜けのコンクエスト方式

 ここからは準決勝、そして『DQR』の歴史に残るであろう決勝戦の名勝負を、くわしくリポートしていく。

 なお、大会の模様はOPERNREC.tvの『DQR』公式チャンネルでアーカイブ視聴ができるので、ぜひリポートと合わせてご覧いただきたい。

OPERNREC.tv『DQR』公式チャンネル「マスターズカップ in TGS2019」決勝大会
※視聴にはOPENREC.tvへのログインが必要です。詳細はリンク先でご確認ください。

準決勝第1試合:あ選手vsトシ選手

 1試合目は、武闘家のミラー対決。両選手ともマリガンで理想的なカードを手札に入れての試合開始となった。あ選手はヒーローカードの勇者姫アンルシアを採用したデッキに対し、トシ選手はヒーローカードを採用しないデッキに。

 2ターン目、あ選手がアンルシア使用後にブライを場に置いてトシ選手のユニットを除去していくが、トシ選手も負けじとユニットを展開し、五分五分の状況が続いていく。

 試合が大きく動いたのは、6ターン目。あ選手のプオーンがさそりばちを呼び込み、手札にある古武道のツメ、はやてのリングで相手のHPを一気に奪い切れるカードが揃う。トシ選手もさそりばちを引き込み、ビッグスロースの能力を一気に上げて、勝負を決めにかかる。

 しかし、あ選手のヒーロースキル“勇者の光”で、ビッグスロースの動きが1ターン封じられてしまう。トシ選手にとってはこれが致命傷となり、つぎのターンであ選手のさそりばちからのコンボがさく裂! あ選手が1勝をもぎ取った。

 2試合目は、あ選手が僧侶、トシ選手が戦士という組み合わせ。あ選手は理想的なカードを手札に引き込むも、トシ選手はさんぞくのサーベルを引けずに、なかなかヒーローカードのレックスを使うことができない。

 その後もトシ選手はさんぞくのサーベルを引くことができないままターンが進み、あ選手はフォズ大神官を場に置き、テンションスキルを魔法使いに変化。トシ選手はさんぞくのサーベルを引けないまま、7ターン目に突入してしまう。

 いなずまのけんで反撃を試みるが、時すでに遅し……。強力なカードを潤沢に持つあ選手が、トシ選手のHPをゼロにして2勝目。準決勝第1試合は、あ選手が決勝戦へコマを進めた。

準決勝第2試合:リデ選手vsアリィナ選手

 1試合目はリデ選手が僧侶、アリィナ選手が戦士という組み合わせに。

 アリィナ選手がさんぞくのサーベルを手札に引き込み、理想的なスタート。リデ選手もチャゴス王子を2ターン目に出してリーダーにダメージを与えていくなど、ほぼ互角の展開となる。

 しかし、アリィナ選手のレックスがレベル3になり、ライデインを混ぜながらリデ選手のHPを残り4まで追い込んでいく。手札にはいなずまのけんがあるため、7ターン目を迎えればほぼ勝利は確定と思われたのだが……。

 リデ選手がヒーロースキルの“勇者の盾”を使い、アリィナ選手が攻めあぐねているあいだにテンションスキルなどでHPを回復することに成功!

 ピンチを凌ぎ切ったリデ選手はユニットを展開しつつ、HPも回復。一方、いなずまのけんで勝利を決めるために手札を使い切ってしまったアリィナ選手は、完全に攻め手を失ってしまう。最後はリデ選手がアリィナ選手にトドメを刺して、勝利した。

 2試合目はリデ選手が戦士、アリィナ選手が武闘家を選択。リデ選手はフラワーゾンビ、アリィナ選手はサンチョが手札にあるので、序盤の動きはともに盤石。

 お互いが低コストのユニットを使って試合を進めていくが、アリィナ選手はサンチョを戦士のテンションスキルで倒されてしまい、場にユニットがいない状況になる。対するリデ選手は、順調にユニットを配置していき、やや有利な展開に。

 ここからリデ選手の快進撃が続き、アリィナ選手はウォールで守ることに精一杯。このままアリィナ選手が負けてしまうのかと思われたのだが……。

 アリィナ選手がクリフトを引いたことで、戦況が大きく動き始める! 致命傷を逃れたアリィナ選手はリーダーを回復しつつ、その後もブライやシーゴーレムなど、ユニットをつぎつぎと展開。

 押し切れなくなったリデ選手は攻撃手段が尽きてしまい、アリィナ選手がさそりばちを絡めたコンボで大逆転! これで1勝1敗となり、決着は3試合目へともつれ込むことに。

 そして、3試合目は戦士vs戦士のミラー対決。リデ選手はさんぞくのサーベル、アリィナ選手はエビルスピリッツを手札に引き込むなど、両者ともヒーロースキルのレベルを上げる手段を獲得する。

 しかし、さんぞくのサーベルを持つリデ選手のほうがヒーロースキルのレベルを一歩早く上げることに成功し、アリィナ選手は後手に回る状況に……。

 中盤では、お互いがライアンを場に出すも、アリィナ選手のライアンが倒されてしまったことで、万事休す! 場に数多くユニットを展開したリデ選手がアリィナ選手のHPを一気に削って勝利を掴み、決勝戦はあ選手とリデ選手の戦いとなることが決まった。

 ここで、決勝戦へ進む前にいったんブレイク。『DQR』の二木達博プロデューサーと『DQX』の青山公士プロデューサーが、ステージに登場。今回の賞品となる『DQX』の紹介などが行われた。

写真左よりスクウェア・エニックスの二木達博氏と青山公士氏。青山氏も『DQR』プレイヤーで、レジェンドランクの腕前。
『DQX』で1億ゴールドがあれば何ができるのか、開発スタッフが検証してくれたそう。列車には400万回乗れるとか……。今回の賞品にあたって、二木氏は青山氏に「1億ゴールドと言いたいんです!」とお願いしたらしい。
決勝戦に進んだあ選手とリデ選手。ふたりとも言葉少なく、気合は十分の模様!

決勝戦:あ選手vsリデ選手

 いよいよ始まった決勝戦。第1試合は、あ選手が武闘家、リデ選手が僧侶という組み合わせに。リーダーは異なるものの、ともにヒーローカードの勇者姫アンルシアを組み込んだデッキとなる。

 お互いが場に出されたユニットを倒しながら、静かに試合は展開……と思いきや、あ選手がちからのゆびわやブライを早期に投入して仕掛ける。リデ選手は僧侶のため、細かいダメージを与えても回復されてしまうのだが、中盤になってもあ選手は攻撃の手を緩めない。

 あ選手はダークドレアムが手札にあるため、試合を一気に決めるユニットとなるさそりばちを引く前に、ダークドレアムのコストを下げて使おうという作戦のようだ。