今回は「HGUCデルタプラス」のガンプラレビューです。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムUCに登場し、リディ・マーセナスが搭乗するデルタプラスをご紹介。

2010年発売。

差し替えでウェイブライダー形態へ変形可能です。

という事で、HGUCデルタプラスをレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC デルタプラス

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

デルタプラスのボックスアート。

簡単に機体設定をおさらいすると、デルタガンダムの量産試作機でバイオセンサー搭載型の可変MSになります。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、主にシールドの色を補うものが中心です。

デュアルセンサー(目)はレッド・ブルー・シルバーからの選択式です。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・ライフル」「シールド」「ビーム・サーベルの柄×1(エフェクトパーツは2本付属)」「手首パーツ×4」「ウェイブライダー用差し替えパーツ」

サーベルの柄は1本のみ付属。手首パーツは「左右の握り手」「右のライフル持ち手・サーベル持ち手」の計4つで、左手は握り手のみとなります。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCデルタプラスがこちら。

2010年製ガンプラという事で、プロポーションは良好ですね。

ただ、変形ギミックのせいで色々と弱点はあります(*´ェ`*)※後述

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

ゼータプラスを思わせるグレーを基調とした成形色ですが、設定画や劇中ではもう少し明るいブルーのため色はアレンジされている模様。

グレーのフレーム部に一部ABS樹脂が使用されていますが、ライフルや手首パーツなど露出するところは通常のプラ材質が使われている事が多いです。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

今のガンプラ目線で見た場合可動域は「標準より下」といった感じで、脚がボールジョイント接続になっているためそこまで開脚しません。

また、脚をハの時に開く事も苦手です。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

膝関節は90度以上大きく曲がり、フロントアーマーがスッキリとしたデザインになっている事もありキレイに膝をつくことができます。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

上半身は少し引き上げれば360度回転します。

全体的に見ると脚以外の可動範囲はそこまで悪くはないですが、上半身の前後・左右可動といった柔軟な動きは不可となります。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、バルカンに合わせ目が出ます。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

デザイン的にほとんど見えなくなりますが、後頭部下部には合わせ目が出ます。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

バイザーには無色のクリアパーツが使われており、奥のデュアルセンサーに光沢感のあるシールを貼って再現します。

ちなみに百式同様「イデシステム」を搭載しており、奥はツインアイのモールドがあるのでシールの上から麺棒で押し付けると輪郭がクッキリします(*´ェ`*)(あんま目立たないけどw)

※イデシステム:モードによりバイザーに走査パターン(横線みたいな描写)が表示されるのが特徴

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

胴体は細かくパーツ分割により色分けされています。

カッコイイ……(*´ェ`*)

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

胸部は合わせ目の出ないパーツ構造ですが、腰側面には合わせ目が出ます。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

肩は前後に多少傾きます。

ショルダーアーマーとフレキシブル・バインダーには合わせ目が出ます。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

腕は「肩側面」「肩内部ブロック」「前腕部内のフレーム(手首付近)」に合わせ目が出ます。

手首付近の合わせ目は少ししか露出しないので、ほとんど目立ちません。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

肘関節は90度曲がります。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

フレキシブル・バインダーの基部は固定式で、角度を変える事ができません。

このあたりが本キットの弱点かも。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

腰回り。リアアーマーの白い部分はシールで色を補います。

小さなフロントアーマーは可動します。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

脚部は「ヒザ関節パーツ」と、

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

「モモ後ろ」「足首パーツ上」に合わせ目が出ます。

意外と量は少ないです。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

ヒザ裏の動力パイプは別パーツで色分けされています。

ただ側面の白い部分はシールで、足首フレームには肉抜きがあります。(青枠内)

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

足首パーツの傾き範囲は広く、接地性に優れています。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

下から。足裏に肉抜きはなく、股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

デルタプラス、出撃!

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

それでは武器を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルは機関部2パーツ・グリップ1パーツの計3パーツ構造です。

上のチューブはホワイトで要塗装となります。

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

戦場に降り立つデルタプラス!

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルで攻撃!

HGUCデルタプラスのガンプラレビュー画像です