今回は「HGACガンダムサンドロック」のガンプラレビューです。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

HGAC(HG AFTER COLONY)シリーズとして発売された、ガンダムサンドロックをご紹介。

2019年発売。

可動域が広くヒートショーテルを使用したアクション性に秀でたガンプラに仕上がっています。

クロスクラッシャーも再現可能

という事でHGACガンダムサンドロックを旧キットとの比較他のガンダムW系ガンプラと並べた画像などを含め、じっくりとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGAC ガンダムサンドロック

HGACガンダムサンドロックのボックスアートのガンプラレビュー画像です

ついにリニューアル発売されたガンダムサンドロック。

1/144スケールとしてはTV放送当時以来のプラモデル化となります。めでたい!(>ω<)

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

ホイルシールのほか、初回生産限定でスマートフォンアプリ「ガンダムブレイカーモバイル」のプロダクトコードセットが同梱します。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ヒートショーテル×2(+交換用の赤熱化状態の刃×2)」「シールド」「手首パーツ×6」

手首パーツは「武器持ち手」「ヒートショーテル用特殊持ち手」「平手」が左右分付属します。

旧キットに同梱したビームサブマシンガンは付属しません

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGACガンダムサンドロックがこちら。

「バルカン」「膝下のダクト」「足首パーツ一部」のような細かなところは色分けされていませんが、その他は少ないシール数ながら色分けが非常に優秀なガンプラに仕上がっています。

……ていうかこのサンドロック、最近のガンプラにしては定価が安いのにここまで色分けされているのに驚きました。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

TV放映当時の旧1/144スケールと比べ、細身のスタイリッシュ体型で立体化されています。

ただ、そこまで細過ぎるわけではなく丁度いい塩梅にデザインされているのではないでしょうか。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

可動範囲は広く、腕は水平以上上がり真横まで開脚します。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

各関節も大きく曲がり、胴体が前後可動する事も相まりキレイに膝立ち可能です。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

可動域に関しては文句の付け所がない出来になっている模様。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナ先端には安全フラッグあり。

顔左右のバルカンは黄色で要塗装です。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、トサカ以外の頭頂部左右に合わせ目が出ます。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

胴体。小さなグリーン部はホイルシールで色を補うものの、その他は別パーツで色分けされています。

胴体側面は段落ちモールド化されているようでした。(厳密に言うとポリキャップすぐ上は普通の合わせ目かもしれませんが、腕を取り付けたらほぼ目立ちません)

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続で、大きく前後に可動します。

ただ、ショルダーアーマー上部には合わせ目が出ます。一応目立たないように端っこに来るような配置になっています。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマー内側もモールドが刻まれています。

三角形の小さなくぼみ部分はシールです。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

腕は前腕部前後に合わせ目が出ます。

肩内部ブロックや二の腕に合わせ目は出ません。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

肘関節は180度近く曲がります。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

シールドは赤い目の部分をシールで補います。

基部で360度ロール回転しますが、裏側には肉抜きがあります。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

腰部。フロント・サイドアーマーともに大きく広がり、裏側もモールド有りです。

腰回りの色分けは優秀ですが、サイドアーマーの一部(青枠)のみシールで色を補います。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

リアアーマーも可動するほか、

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

上半身の取り付け構造が特殊で、体を前へ倒す事ができます。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

脚部はスネの下(アンクルガードのすぐ上)に合わせ目が出ます。

ヒザ関節は合わせ目無しです。ヒザ下のダクト部分やつま先付近はグレーで要塗装となります。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。ふくらはぎに合わせ目が出ます。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

アンクルガードは足首パーツのフレームに後ろから差し込む構造で、1パーツになっていて合わせ目が出ません。

足裏はつま先付近に肉抜きあり、股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

脚の付け根が前後にスイングするギミックを搭載しており、足回りの可動域に優れています。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

ヒートショーテルはバックパック左右に取り付けます。

プラ同士のシンプルな凹凸接続ですが、KPS素材を使用しておりガッチリとマウント可能です。

また、ヒートショーテルは上下に可動します。(クロスクラッシャー時に動かせう感じ)

ところでこのリアアーマーのダボ穴を見てピンと来たモデラーさんも多いと思いますが、サンドロック改も発売されそうな穴になってますねw

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

それではヒートショーテルを持たせ、アクションポーズいってみます!

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

腕周りの可動範囲が広く、マウント状態のヒートショーテルを掴む事ができます。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

ガンダムサンドロック、ヒートショーテルを抜刀!

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

いきなりカッコエエ!!!(>ω<;)

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

ヒートショーテル用の角度付き手首パーツも左右分付属します。

アップで見てもディテールが細かいですね。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

ジャキッ……。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

それでは適当に何枚かいってみます。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

動きまくるな……!(>ω<;)

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

シールドはバックパックにマウントでき、

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

バックパックごと腕に装着させれば

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

クロスクラッシャーが再現可能です。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

バックパックにマウントされたヒートショーテルは可動し、ハサミを閉じたり開いたりするようなポージングも可能です。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

カッケェ!!!

エアリーズと劇中再現したい!(>ω<)(バンダイさんをチラ見

ヒートショーテルのガンプラレビュー画像です

ヒートショーテルの刃部分は、クリアレッドの赤熱化した状態のものも2本付属します。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

赤熱化状態のヒートショーテルで何枚か。

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

こっちもいい感じですね。

HGACガンダムサンドロックとマグアナックのガンプラレビュー画像です

HGACマグアナックと。

……え?36機セットはさすがに買わなかったよ(*_*)

HGACガンダムサンドロックとマグアナックのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGAC マグアナック レビュー

 

HGACガンダムサンドロックとリーオーのガンプラレビュー画像です

リーオーに飛びかかるカトル!

HGACガンダムサンドロックとリーオーのガンプラレビュー画像です HGACガンダムサンドロックとリーオーのガンプラレビュー画像です

ポーズがガンガン決まります。

【ガンプラ】HGAC リーオー レビュー

 

HGACガンダムサンドロックと旧キットの違い・比較ガンプラレビュー画像です

旧キットの1/144ガンダムサンドロックと比較してみます。

旧キットは1995年に発売されたものなので、実に24年の開きのあるガンプラになります。

HGACガンダムサンドロックと旧キットの違い・比較ガンプラレビュー画像です HGACガンダムサンドロックと旧キットの違い・比較ガンプラレビュー画像です

頭部を比較。

HGACガンダムサンドロックと旧キットの違い・比較ガンプラレビュー画像です

肩、シールドなどを比較。

HGACガンダムサンドロックと旧キットの違い・比較ガンプラレビュー画像です

バックパック、ヒートショーテルを比較。

HGACガンダムサンドロックと旧キットの違い・比較ガンプラレビュー画像です

脚部を比較。

時代的にも価格的にも当然ですが、今回のサンドロックのアップグレード具合いは凄まじいですね。

HGACガンダムサンドロックと旧キットの違い・比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】1/144 ガンダムサンドロック レビュー【旧キット】

 

カトルが搭乗したモビルスーツのガンプラ画像です

カトル搭乗機でパシャリ。

【ガンプラ】HGAC ウイングガンダムゼロ レビュー
【ガンプラ】1/144 ガンダムサンドロックカスタム レビュー【旧キット】

 

1/144スケールのガンダムWガンプラ画像です

TV版の1/144スケール勢揃いでディスプレイ。

1/144スケールのガンダムWガンプラ画像です

【ガンプラ】HGAC ウイングガンダム レビュー
【ガンプラ】1/144 ガンダムデスサイズ レビュー【旧キット】
【ガンプラ】1/144 ガンダムヘビーアームズ レビュー【旧キット】
【ガンプラ】1/144 シェンロンガンダム レビュー【旧キット】

 

HGACガンダムサンドロックのガンプラレビュー画像です

HGAC ガンダムサンドロックの感想

ということでHGACガンダムサンドロックのご紹介でした。

 

肩・腕・脚などに合わせ目は出るものの、どこも処理しやすい構造をしていると思います。(例えば肩などは後ハメが楽そうな構造)

サンドロックってアゴを引きづらいデザインをしていると思うのですが、しっかり引けるうえカトキ立ちが映える柔軟な可動域も実現しています。

手持ち武器がヒートショーテル・シールドだけという事もあるのか、これだけ色分けされていて可動域も広いのに最近のHGにしては定価が安いのも好印象。

HGCEデスティニー然り、最近のアナザーHGはめちゃめちゃクオリティが高い気がします。サンドロック好きにはかなりオススメ!

 

以上、「HGAC ガンダムサンドロック」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る