今回は「HGデュエルガンダム アサルトシュラウド」のガンプラレビューです。

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEEDに登場し、イザーク・ジュールが搭乗したデュエルガンダムアサルトシュラウドをご紹介。

2002年発売。

ノーマル状態のデュエルガンダムにウエポンユニット「アサルトシュラウド」が付属する内容になっており、両形態が再現可能です。

という事で、HGデュエルガンダム アサルトシュラウドをSEEDカスタムキットを使った状態でレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG デュエルガンダム アサルトシュラウド

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

復讐のシュラウド「死体を包む布」を追加装備したデュエルガンダム アサルトシュラウドのHG。

ちなみに今回は放映当時に発売されたものなので、今から買うならマーキングシールが追加で入っているリニューアル版の方がいいかもしれません。

ただ、造形自体は旧版と同じなので安い方を選ぶのも手だと思います(*´ェ`*)

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは主にアサルトシュラウドの装甲に貼るものが中心となります。

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「57mm高エネルギービームライフル」「ビームサーベル×2」「シールド」「シールドジョイントパーツ×2(通常用・アサルトシュラウド用)」

写真外だとアサルトシュラウド装備一式がありますが、そのあたりは後述するぞ!

 

デュエルガンダム

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

まずは通常のデュエルガンダム状態から見ていきます。

今回は半分ほど合わせ目を消してありますが、合わせ目箇所は画像にてバッチリ解説します。

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

本体の成形色はホワイト・ブルー・グレー・イエローと4色成形になっており、体型はGAT-Xシリーズの中でもスタンダードな基本型といえるデザインになっています。

ホワイトは少し青みがかったような暗めのホワイトになっています。

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

ちなみに、今回はヒザ関節にHGガンダムSEEDカスタムキットを使用してみました。

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

↑がHGガンダムSEEDカスタムキットに同梱する膝関節パーツで、

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

キットのヒザ関節パーツと交換する形で取り付けます。

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

可動域が広がるほか、脚が延長されHGCEに近い全高になるのも特徴です。

今からデュエルを組もうと思っているモデラーさんにはオススメだよ!(>ω<)

 

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

ヒザ関節の可動域がアップし、余裕で膝立ち可能となりました。

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

その他の可動域ですが、腕は水平まで上がり↑ぐらいまで開脚します。

脚は昔ながらのボールジョイント接続ですが、デュエルの場合腰まわりに邪魔するものが無いので大きく広げる事ができます。

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

上半身はそのままでは回転しませんが、少し引き上げて戻せば真横を向かせる事はできます。

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。トサカのセンサーとツインアイはシールで補います。

元々シンプルな配色をしているため色分けは良好ですが、側面に合わせ目が出ます。

※合わせ目消している部分もありますが場所は赤枠で囲んでいきます

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。色分けが完璧で、胸の小さなイエローパーツは別パーツ化されています。

ただ、胴体とお腹の側面に合わせ目が出ます。腰は段落ちモールド化されています。

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

上から見た場合の合わせ目箇所。胴体・肩・頭部に合わせ目が出ます。

肩は軸接続のため前後可動など柔軟には動かずです。

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

サブアーマーは可動し、腕の可動範囲を広げる事ができます。

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

腕は胴体内部ブロックと前腕部に合わせ目が出ます。

ちなみに、腕の場合アサルトシュラウドを装備させると合わせ目がほとんど隠れます。

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

シールドはホワイト・ブルーの2色成形で、オレンジの突起やシールド裏などは色が足りません。

塗装派モデラーさんはこのあたりが重点的な塗装ポイントになると思います。

シールドは基部で360度ロール回転。

※左の手首パーツはHGガンダムSEEDカスタムキットに同梱する握り手に変えてあります

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

サイドアーマーは多少動きます。

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です

脚部はモモ・膝下・足首付近に合わせ目が出ます。

※アサルトシュラウドを装着すると膝から下(前側)の合わせ目は隠れる感じです

HGデュエルガンダム アサルトシュラウドのガンプラレビュー画像です