今回は「HGBF ジムスナイパーK9」のガンプラレビューです。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドファイターズに登場し、レナート兄弟が使用するジムスナイパーK9ケーナインをご紹介。

2014年発売。

HGUCジム・スナイパーIIをベースキットに使用し、「ビームスナイパーライフル」「ビームガン」「ヒートナイフ」といった多彩な武器が付属

更にK9ドックパックは移動砲台形態に変形可能です。

という事で、HGBFジムスナイパーK9をHGUCジム・スナイパーIIやレナート兄弟の使用ガンプラとの比較画像を含め、じっくりとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGBF ジムスナイパーK9

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

対ニュータイプ用のEXAMエグザムシステム」を搭載した狙撃型ジム・スナイパーIIであるK9ケーナイン

ガンプラ的にもHGUCジム・スナイパーIIのリデコキットになっていますが、ドッグパックや豊富な武装など追加ランナー数は非常に多い内容になっています。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

組み立て書にはレナート兄弟が記載。

ホイルシールは各センサー部や黄色い部分を補うものが中心です。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

付属品一眼がこちら。……多いw

※「ビームスナイパーライフル」「スナイパーライフル」「ブルパップ・マシンガン」「ビームガン×2」「ビーム・サーベル×2」「ヒートナイフ」「シールド」「手首パーツ×6(左のライフル持ち手有り)」「ドッグパック

青の太文字がジム・スナイパーIIから追加されたパーツです。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

更にジオン兵ブラッド・ハウンド隊」のフィギュアも3種類計8体付属します。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

余剰パーツがこちら。

K9にはベースキットに同梱したドラケンEが入っていませんが、ジム・スナイパーIIの本体・武装ランナーは全て同梱します。

プレイバリューが非常に高いぞ……!(>ω<;)

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGBFジムスナイパーK9がこちら。

成形色がグリーンを基調としたミリタリー感溢れるカラーリングに変更され、胸部・腰部の装甲が新規造形で再現されています。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

元が2012年製のHGUCという事で、今のガンプラ目線で見ても通用する良スタイルで立体化されているのではなかろうか。

ただ、体中に様々な武器を装備しているため元のジムスナ2よりちょっぴり動かしにくくなっています。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

背部のドッグパックを背負っても自立は安定します。

それでは各部細かく見ていきます!

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

手足は十分広がるため、このあたりの可動域は良好ですが

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

腰回りやビームガンのホルスターが干渉し、下半身が動かしにくくなりました。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。メインカメラはクリアグリーンのパーツが使われています。

バイザーのセンサー部分にも一部クリアパーツを使用しますが、下部分はシールで補います。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

頬の黄色いパーツは色分けされています。側面の濃いグリーンはシールです。

頭部は前後はめ込み式で側面に合わせ目が出ますが、ジムスナ2と違いK9の場合はモールド扱いでOKです。(設定画にもモールドあり)

ただ段落ちモールド化はされていません。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

バイザーは下ろす事ができます。

ちなみにEXAMエグザム発動状態で組む場合は各部に赤いシールを貼る感じです。クリアレッドのメインカメラパーツは付属しません。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

胴体の右側にはヒートナイフをマウントしています。

このあたりのグレーパーツが本体の新規造形部分です。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

胸部の増加装甲も新規造形ですが、黄色い部分はシールで色を補います。

また、画像では少し見えづらいですが胴体上部には合わせ目が出ます。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

腕は「肩側面」「前腕部後ろ側」に合わせ目あり。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

肘関節は90度強曲がります。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

腰部はグレー部分が新規造形で、フロント・サイドアーマーがゴツいデザインになりました。

リアアーマーにはビーム・サーベルの柄を2本マウントできます。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

モモ側面にはビームガンを収納したホルスターを装備。

ビームガンは引き抜けますが、

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

ここがこのキット最大の弱点部分だったりします。

↑のようにホルスターを間に挟み込むため脚が少し延長される形になるのですが、取り付け軸が浅くなる影響で動かしていると脚がスポスポ抜けてしまいます

素立ち状態なら問題ありませんが、ガシガシ触ってアクションポーズをつける場合は抜けまくります。

軸を太らす等の簡単な加工で改善すると思うので、ここは要改修ポイントだと思われますぞ。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

脚部は「アンクルガードの端」「関節パーツ」に合わせ目あり。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

「側面」「足首パーツのフレーム部」にも合わせ目が出ます。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

下から。足裏に肉抜きはなく、股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

K9の特徴であるドッグパックがこちら。

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

各部柔軟に可動します。特に足はボールジョイント接続になっていて、フレキシブルに動きます。

基本合わせ目が出ないようなパーツ構造ですが、前足部分には出ます。

本体解説はここまで。

という事でここからは、HGUCジム・スナイパーIIにも同梱する武器からザザーッと見ていきたいと思います!

HGBFジムスナイパーK9のガンプラレビュー画像です

ブルパップ・マシンガンから。