任天堂は、「脳トレ」シリーズ最新作『東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング』を発表した。価格はそれぞれ税別で、パッケージ版が3480円、ダウンロード版が2680円となる。パッケージ版にはSwitch用タッチペンが付属する。発売日は12月27日。

 本作は、ニンテンドーDSで発売された『脳を鍛える大人のDSトレーニング』、通称「脳トレ」シリーズの最新作となる。『脳を鍛える大人のDSトレーニング』は、脳を鍛えて活性化させることをコンセプトに、数式や記憶力テストなどの問題にチャンレジ、その結果を脳年齢としてチェックすることができる。このコンセプトが爆発的に人気を博し、子供たちだけではなく大人向けにニンテンドーDS本体の売上げを牽引した。

 今回、新たに発表された『脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング』は、Nintendo Switchでは、Joy-Con機能を使ったものになりそうだ。Joy-ConのモーションIRカメラを使って、指の形を読み取ってトレーニングに反映させたり、Joy-Conをそれぞれ違うプレイヤーが手に持って、対戦プレイも可能だ。

 なお、パッケージ版にはSwitch用タッチペンが付属。ニンテンドーDSのようにタッチペンを使って、Nintendo Switchを手書きで漢字や数字を書くことができる。また新機能として、Nintendo Switchをスリープにしていても、トレーニング時間を教えてくれる「アラーム機能」、トレーニング成果を教えてくれる「脳トレメール」、脳トレの成果をローカルやインターネットを介してフレンドと競うことが「ランキング」、また発売後のアップデートでは「世界一斉脳トレ大会」が定期的に開催されるとのこと。

(画像はYouTube「脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング 紹介映像」より)
(画像はYouTube「脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング 紹介映像」より)
(画像はYouTube「脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング 紹介映像」より)
(画像はYouTube「脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング 紹介映像」より)

 注意点としては、Nintendo Switchでは、Joy-Con機能を使った「後出勝負テスト」、「指計算」、「野鳥数え」、「旗上げ」、「箱数え」の一部のトレーニングはプレイできないとのこと。

 総合的な「脳年齢」を測定は、情報処理速度・ 短期記憶力・抑制力から測定されるという。Nintendo Switchの新しいトレーニングで、脳年齢を測ってみてはいかがだろうか。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman